犬のサプリメント使用に関する注意点

人用のサプリメントが医薬品でないのと一緒ですし、犬用のサプリメントでも注意点があります。
医薬品でないので成分検査が必須ではありませんから、購入する側は成分表を信じるしかできませんし、メーカーごとでも投与量が異なるという点もあります。
犬の場合も過剰摂取による健康被害のリスクもゼロではなく、薬と併用できないものもありますから安易に与えないようにしましょう。
特に妊娠中の犬、授乳中の犬には要注意です。
大きな健康被害がなくとも、犬も妊娠中・授乳中は体は不調になることが多いのでサプリメントが原因で体調を崩す可能性もありますし、胎児に悪影響となるサプリメントもでてくるかもしれません。
妊娠中・授乳中の犬へのサプリメントは控えるのが賢明でしょう。
サプリメントを検討している場合には獣医さんに相談するようにしましょう。
どんな栄養素が入っていてどれだけ摂取させればいいかなども十分に注意しましょう。
脂溶性のサプリメントだと蓄積されやすいという特徴がありますので過剰摂取しないよう注意しなければなりませんし、水に溶けやすい水溶性のものは毎日の摂取が基本となります。
成長期の子犬だからとカルシウムを過剰摂取させてしまうと逆に骨に悪影響を及ぼすことがあります。
栄養補助のためのサプリメントですが注意事項は必ずありますので注意が必要ですし、摂取させる前に獣医に相談することで安心感も出てきますよ。

ペットサプリ犬康食ワンプレミアム